• メール相談
  • カウンセリング

四季と寄り添う〜漢方的生活No.16五月|不妊症の漢方治療なら世田谷 下高井戸駅すぐ側の桃仁堂にお任せください。

桃仁堂
  • 東京都世田谷区松原3-42-4
    (京王線 下高井戸駅北口より徒歩1分)
  • 営業時間:10:00~19:00
    定休日:日曜/月曜/祝日
  • 24時間WEB予約
  • tel

エンパワメントコラム

四季と寄り添う〜漢方的生活No.16五月

立夏を過ぎると野山は新緑に彩られ、太陽のエネルギーがどんどん増していきます。

五行学説で夏の五気は「暑」、五臓は「心」にあてはまり、心臓に症状の出やすい季節と言われます。

5月の気候は爽やかで、さほど「暑く」はないのですが、血脈を温め、血液の流れを良くするエネルギー(心気)は盛んになってきます。

エネルギッシュになるのはとても良いことなのですが、常に陰と陽の両方のバランスを考えるのが東洋医学です。

陽の心気が増えるのに対して、陰の心血が不足すると睡眠が浅くなり、夢を多く見るようになります。

もっとバランスの悪い方は動悸や不安・不眠などの症状を感じはじめます。

心血とは心臓を滋養する血液のことで、心臓が亢進しすぎないように制御しています。

心血の不足は胃腸が弱って心血を作る力が少ない時や、過度の心労により心血を消耗した時に起こりますが、徐々に不足していきますので自覚のない方も多いようです。

この季節、急に眠りが浅くなったとお感じの方は、心血を滋養する食べ物を積極的に摂ってみることをお勧めします。

桑の実、ハスの実、なまこ、牡蠣などが良いのですが、毎日摂るのが難しい素材が多いですね。

中華街などでは竜眼肉(りゅうがんにく)というドライフルーツやハスの実のお菓子が手に入りますので探してみてください。

どちらも安神養心(心を養って精神をおだやかにする)の代表的な食品です。

また、心血は一朝一夕で増えたり減ったりするものではありませんから、少し気長に続けるのがコツですよ。

5月の初夏の日差しに気おくれを感じる…

そんな時は自分のココロや体に耳を傾けてあげるサインかもしれませんね。

 

株式会社プロアクティブの情報コラム2015年5月号への寄稿より

http://club.ima-coco.jp/column/kanposeikatsu16.html

漢方薬局 桃仁堂

〒156-0043 東京都世田谷区松原3-42-4
(京王線 下高井戸駅 北口より徒歩1分)

【営業時間】
火曜~土曜:10:00~19:00
【休日】
日曜・月曜・祝日
※都合により上記以外お休みを頂く場合がございます。ご来店の際は事前にご連絡ください。

お気軽にお問い合わせ下さい

TEL

営業時間:10:00~19:00
定休日:日曜/月曜/祝日

無料メールお悩み相談はこちら