• メール相談
  • カウンセリング

四季と寄り添う〜漢方的生活No.17水無月|不妊症の漢方治療なら世田谷 下高井戸駅すぐ側の桃仁堂にお任せください。

桃仁堂
  • 東京都世田谷区松原3-42-4
    (京王線 下高井戸駅北口より徒歩1分)
  • 営業時間:10:00~19:00
    定休日:日曜/月曜/祝日
  • 24時間WEB予約
  • tel

エンパワメントコラム

四季と寄り添う〜漢方的生活No.17水無月

「夏至」は一年で最も太陽のエネルギーが溢れる日です。

この日は魔術的な力が働くとされ、マヤやエジプト、ドルイトなどの古代文明では、石の建造物に夏至の日が分かるように細工され、さまざまな儀式が行われました。

ケルトでは妖精の世界への扉が開くといわれ、シェークスピアの「夏の世の夢」が書かれました。

現在のヨーロッパ各地でも、夏至祭は盛んに行われ、この時に摘む薬草や朝露には特に効き目が強くなるとされています。

日本では伊勢の二見浦で、夏至の日の出とともに禊をする祭典が執り行われますが、ほとんど夏至を意識して生活しません。

これは「半夏半生」、田植えを半夏生(夏至から十一日目)までに終わらせなくては収穫が半減するので、農家が忙しい時期だったためのようです。

さて、太陽のエネルギーをたっぷり吸収した植物、野菜には、酸化を防ぐポリフェノールという成分が多くなります。

ポリフェノールには紫外線のダメージを体内から中和する働きがありますので、夏にはモロヘイヤやピーマンのように色の濃い野菜を多く摂るよう心掛けてください。

ポリフェノールには紫外線のダメージを体内から中和する働きがありますので、夏にはモロヘイヤやピーマンのように色の濃い野菜を多く摂るよう心掛けてください。

紫外線に加え、空気中の汚れ(窒素酸化物)による酸化もありますので、現代人はますます酸化が進みやすい環境です。

シミやシワだけでなく、以前より増えている白内障などの病気も体内酸化が原因です。

サングラスや日焼け止めも必要ですが、身体の中の抗酸化(サビ取り)を意識してみてくださいね。

例えば、抗酸化力の高いお茶(ジュアールティーロイヤル)などをプラスするとより良いですよ。

 

 

株式会社プロアクティブの情報コラム2015年6月号への寄稿より

http://club.ima-coco.jp/column/kanposeikatsu17.html

漢方薬局 桃仁堂

〒156-0043 東京都世田谷区松原3-42-4
(京王線 下高井戸駅 北口より徒歩1分)

【営業時間】
火曜~土曜:10:00~19:00
【休日】
日曜・月曜・祝日
※都合により上記以外お休みを頂く場合がございます。ご来店の際は事前にご連絡ください。

お気軽にお問い合わせ下さい

TEL

営業時間:10:00~19:00
定休日:日曜/月曜/祝日

無料メールお悩み相談はこちら