• メール相談
  • カウンセリング

四季と寄り添う〜漢方的生活No.3卯月|不妊症の漢方治療なら世田谷 下高井戸駅すぐ側の桃仁堂にお任せください。

桃仁堂
  • 東京都世田谷区松原3-42-4
    (京王線 下高井戸駅北口より徒歩1分)
  • 営業時間:10:00~19:00
    定休日:日曜/月曜/祝日
  • 24時間WEB予約
  • tel

エンパワメントコラム

四季と寄り添う〜漢方的生活No.3卯月

万物がすがすがしく明るく美しさを競う季節ですね。
お花見に出かけない私は、もっぱら仕事帰りの道すがら、庭先の桜の木で目を楽しませていただいています。
桜はその昔、「田の神の化身」としてあがめられ、秋の豊穣を祈ったのが花見の習慣の始まりだそうです。
夜道に浮かぶ桜は精霊のようにも見えます。

さて、いよいよ暖かくなってまいりますと、新陳代謝の悪い冬に溜まった「毒」を肝臓が代謝して、毒出しをはじめます。
前々号で軽く触れましたが、春は「肝臓の症状」があらわれる季節です。
毒は肝臓で代謝され、大小便で体外に排泄しますが、出しきれない毒は皮膚や粘膜から排泄しようとします。
この時期に急な肌荒れ、ニキビなどの皮膚病や目の炎症が増えるのはこのためなのです。

また、筋肉・目・爪なども肝の症状の現れやすい場所です。
足のこむらがえりや視力低下、爪が割れたり薄くなるなど、肝のエネルギーが低下したときに起こります。

このような身体からのサインを見逃さず、早めのケアが大切です。肝のケアには2つポイントがあります。一つは、胆汁排泄による毒だし。
ウコンや菊の花の苦味にはこの胆汁を排泄させる成分が含まれています。

もう一つは、肝を滋養している栄養を補うこと。
肝臓での毒出しを助けるには、たっぷりとミネラルやビタミンを摂ることです。

現代人は日頃から食品添加物などの化学物質を体に溜めているので、肝臓への負担は大きいはず。この時期にしっかり毒出しをなさると良いですよ。野菜

旬の野菜や牡蠣など、ミネラルの多い食品をたくさん食べて体のデトックスをしておきましょうね。

株式会社プロアクティブの情報コラム2014年4月号への寄稿より

http://club.ima-coco.jp/column/kanposeikatsu03.html

 

漢方薬局 桃仁堂

〒156-0043 東京都世田谷区松原3-42-4
(京王線 下高井戸駅 北口より徒歩1分)

【営業時間】
火曜~土曜:10:00~19:00
【休日】
日曜・月曜・祝日
※都合により上記以外お休みを頂く場合がございます。ご来店の際は事前にご連絡ください。

お気軽にお問い合わせ下さい

TEL

営業時間:10:00~19:00
定休日:日曜/月曜/祝日

無料メールお悩み相談はこちら