• メール相談
  • カウンセリング

梅寒天|不妊症の漢方治療なら世田谷 下高井戸駅すぐ側の桃仁堂にお任せください。

桃仁堂
  • 東京都世田谷区松原3-42-4
    (京王線 下高井戸駅北口より徒歩1分)
  • 営業時間
    10:00~19:00
    定休日
    日曜/月曜/祝日
  • 24時間WEB予約
  • tel

梅寒天

6月に入ると、そろそろ梅雨入りを迎えますね。梅雨というのは、一説にはこの時期に梅の実が熟す頃であることから名づけられたともいわれています。東洋医学では、湿気による邪気のことを『湿邪』といいます。梅雨時は特に湿邪の影響を受けやすくなります。身体が重だるい、食欲不振、むくみ、胃腸の調子が悪い、頭が重い、吐き気がするなどの不調が出やすい時期です。
この時期に摂って頂きたい食材は梅です。梅は三毒を絶ち、その日の難を逃れると言われています。三毒とは、食べ物・血液・水の毒のことを言います。梅には殺菌、滅菌作用があり、胃腸の調子も整えてくれます。梅の成分のクエン酸には疲労回復作用が、ムメフラールには血液サラサラ作用があります。毎年必ず梅干し、梅酒、梅シロップ作りをされるご家庭もあるかもしれませんね。
「毎年作るから飲みきれないのよね」
と言われる方もいらっしゃいます。そんな時にはちょっと手を加えて、デザートにされてはいかがでしょうか。アルコールの苦手な方やちいさなお子さんには梅シロップで作る梅寒天や梅ゼリーがおススメです。一度お試しください。
梅酒もおすすめですが、アルコールの苦手な方やちいさなお子さんには梅シロップがおススメです。

梅寒天の材料(4人分)

粉寒天
2g
梅ジュース
300cc
※梅シロップをお好みの濃さに薄めて下さい。
※クッキーなどの抜き型を使うと色々な形が出来ます。
夏休みにお子さまと一緒に作ると楽しいですね。

梅寒天の料理の流れ

STEP 1

梅ジュースと粉寒天を鍋に入れ、火にかけて混ぜながら煮溶かします。

STEP 2

お弁当箱などに流しいれ、粗熱をとったら冷蔵庫で冷やします。

STEP 3

固まったら、梅型の抜き型で抜きます。

漢方薬局 桃仁堂

〒156-0043 東京都世田谷区松原3-42-4
(京王線 下高井戸駅 北口より徒歩1分)

【営業時間】
火曜~土曜:10:00~19:00
【休日】
日曜・月曜・祝日
※都合により上記以外お休みを頂く場合がございます。ご来店の際は事前にご連絡ください。

お気軽にお問い合わせ下さい

TEL

営業時間:10:00~19:00
定休日:日曜/月曜/祝日

無料メールお悩み相談はこちら