• メール相談
  • カウンセリング

あさりのサフランライス|不妊症の漢方治療なら世田谷 下高井戸駅すぐ側の桃仁堂にお任せください。

桃仁堂
  • 東京都世田谷区松原3-42-4
    (京王線 下高井戸駅北口より徒歩1分)
  • 営業時間
    10:00~19:00
    定休日
    日曜/月曜/祝日
  • 24時間WEB予約
  • tel

あさりのサフランライス

日に日に春めいてまいりましたね。そろそろ冬ものから、春の装いへと衣替えする季節になりました。
春は肝の働きが活発になります。肝血不足や寒暖差による自律神経の乱れでイライラや不眠、ほてりなどの不調が起きやすくなります。体の衣替えには肝の「血」が必要となります。今回はこの時期に必要な陰液(血・水)を増やしてくれるあさりをたっぷり使った、炊き込みご飯をご紹介いたします。ネギは体を温めくれます。
三つ葉や紫蘇などの香りのよいものを散らすと気巡りも良くなりますよ。
土鍋で炊くことで栄養価もうまみもアップします。どうぞお試し下さい。

養生薬膳アドバイザー  高井 真寿美

あさりのサフランライスの材料(4人分)

お米
3合
あさりの茹で汁
500CC
アサリ
400g
サフラン
ひとつまみ
お湯
100cc
適宜
玄米元氣
適宜
細ネギ
【豆知識】
サフランは血の巡りを助け、精神を穏やかにする作用があります。
寝る前にサフラン1本~2本をお湯に入れてお飲み頂くと不眠にも良いでしょう。 具材を入れ替え、楽しんでみて下さい。

あさりのサフランライスの料理の流れ

STEP 1

お米は洗ってざるに上げ、30分以上浸水させておきます。

STEP 2

サフランは100ccのお湯に入れて発色させます。
※サフランはあらかじめお湯にいれることできれいに発色して、お米が色づきます。

STEP 3

砂抜きしてよく洗ったアサリは酒と水で蒸します。
殻が開いたら、煮汁と身を分け、身は殻から外しておきます。

STEP 4

あさりの煮汁とサフランの入ったお湯を合わせて600ccとなるように調整します。

STEP 5

土鍋に①のお米と④の煮汁、あさりのむき身、玄米元氣を加えます。
※お味を見て分量を加減して下さい。

STEP 6

土鍋を火にかけます。最初は中火で10分。沸騰したら、火を弱めて15分。最後に火を止めて、10分程蒸らします。細ねぎの小口切りを散らして出来上がりです。

漢方薬局 桃仁堂

〒156-0043 東京都世田谷区松原3-42-4
(京王線 下高井戸駅 北口より徒歩1分)

【営業時間】
火曜~土曜:10:00~19:00
【休日】
日曜・月曜・祝日
※都合により上記以外お休みを頂く場合がございます。ご来店の際は事前にご連絡ください。

お気軽にお問い合わせ下さい

TEL

営業時間:10:00~19:00
定休日:日曜/月曜/祝日

無料メールお悩み相談はこちら