• メール相談
  • カウンセリング

夏に効くゴウヤの梅和え|不妊症の漢方治療なら世田谷 下高井戸駅すぐ側の桃仁堂にお任せください。

桃仁堂
  • 東京都世田谷区松原3-42-4
    (京王線 下高井戸駅北口より徒歩1分)
  • 営業時間
    10:00~19:00
    定休日
    日曜/月曜/祝日
  • 24時間WEB予約
  • tel

夏に効くゴウヤの梅和え

いよいよ夏本番。毎日の暑さにうんざりされている方も多いのではないでしょうか。夏は漢方では「心」という臓器がダメージを受けやすい季節と言われています。「心」というのは心臓も含めた循環器、精神活動などを担っています。夏は汗をかくことで血液の粘度があがり、流れにくくなります。ですので心臓に負担がかかりやすくなります。そんな心の働きを助けてくれるのが緑茶やゴウヤなどの「苦味」の食材です。ゴウヤは暑さで負担が増した心臓を助け、血の巡りを良くし、体内の余分な熱を冷ましてくれます。梅の酸味は口の渇きを癒し、クエン酸が疲れを癒します。夏に弱りがちな胃腸の働きも助けてくれますよ。

昔から梅は 「梅はその日の難のがれ」「梅は三毒(食、水、血)を除く」と言われています。
日本人の食卓に欠かせないものでした。ですが最近では酸っぱさが苦手と敬遠されがちです。どうぞ上手に食卓に取り入れてみてください。

梅の酸味とゴウヤの苦みがいい塩梅です。一度お試しください。

 

養生薬膳アドバイザー  高井 真寿美

夏に効くゴウヤの梅和えの材料(4人分)

ゴウヤ
1本
天然塩
小さじ1杯
たたき梅※
適宜
鰹節
適宜
※たたき梅用 梅干し
10粒
ハチミツ
適宜

夏に効くゴウヤの梅和えの料理の流れ

STEP 1

ゴウヤは洗って、二つに切り、中の綿をスプーンなどで取り除きます。

STEP 2

薄く切り、天然塩をまぶして軽くもみます。
10分ほどおいて水気をしぼります。
これで少し苦味がぬけます。 

STEP 3

たたき梅※と和えて、器に盛り、鰹節をかければ
出来上がりです。
火を使わないので、暑い夏の一品におすすめです。
ゴウヤは冷やす性質があるので、冷えやすい方は食べ過ぎにご注意ください。

STEP 4

※たたき梅の作り方

梅干し10個は種を除きます。まな板の上でなめらかになるまで包丁で叩きます。
最後にハチミツを加えて、保存容器に入れます。

STEP 5

冷奴にのせたり、山芋短冊と和えたり、おむすびの具、うどんやそうめんの薬味など色々使えて便利です

STEP 6

漢方薬局 桃仁堂

〒156-0043 東京都世田谷区松原3-42-4
(京王線 下高井戸駅 北口より徒歩1分)

【営業時間】
火曜~土曜:10:00~19:00
【休日】
日曜・月曜・祝日
※都合により上記以外お休みを頂く場合がございます。ご来店の際は事前にご連絡ください。

お気軽にお問い合わせ下さい

TEL

営業時間:10:00~19:00
定休日:日曜/月曜/祝日

無料メールお悩み相談はこちら