• メール相談
  • カウンセリング

四季と寄り添う〜漢方的生活No.|不妊症の漢方治療なら世田谷 下高井戸駅すぐ側の桃仁堂にお任せください。

桃仁堂
  • 東京都世田谷区松原3-42-4
    (京王線 下高井戸駅北口より徒歩1分)
  • 営業時間:10:00~19:00
    定休日:日曜/月曜/祝日
  • 24時間WEB予約
  • tel

エンパワメントコラム

四季と寄り添う〜漢方的生活No.10霜月

そろそろ木枯らしが吹き始めましたね。
立冬を迎え、冬の気が立ちますと「寒」の季節が参ります。冬の寒さの間、植物は種や根に栄養を蓄え、春の到来をじっと待ち、新陳代謝を落とした動物は冬眠に入り静かに過ごします。自然界は静かに冬の時を過ごすのです。

本来、静かに過ごすべき季節に、私たちヒトは忙しく働きますが、するべき養生をしなければ、病気の治りは悪く、回復に時間がかかります。冬に風邪をひいたり、病気を患ったら、身体の温まる滋養のあるスープなどをいただき、暖かくして過ごすことが大切です。

そして五行では、冬は「腎」を養う季節です。
東洋医学では、五臓六腑の中で「生命の根源」と言われており、「精気」を貯蔵する働きがあるのが「腎」です。
ホルモンとも関係が深く、女性は七の倍数、男性は八の倍数で変化する身体の現象にもうかがえます。

腎の気が豊かになると髪は黒く骨は丈夫になります。
昔から「精がつく」といわれる食物はこの「腎精」を増やす働きのある物といえますので、この時期は積極的に摂って腎を養いましょう。

見分け方は色の黒いもの。

黒ゴマや黒豆、全粒粉の小麦、黒砂糖など生成されていない食品はミネラル分が多いため、帰経(体のどこに働くか)は腎に入るものが多いのです。その他、牡蠣や海苔などの海産物も腎の栄養です。

思えば、ひ弱で髪が赤茶色だった幼少の頃、祖母に黒ゴマと海苔を毎日食べさせられていました。
おばあちゃんの愛だったのですね…。
株式会社プロアクティブの情報コラム2014年11月号への寄稿より

http://club.ima-coco.jp/column/kanposeikatsu10.html

漢方薬局 桃仁堂

〒156-0043 東京都世田谷区松原3-42-4
(京王線 下高井戸駅 北口より徒歩1分)

【営業時間】
火曜~土曜:10:00~19:00
【休日】
日曜・月曜・祝日
※都合により上記以外お休みを頂く場合がございます。ご来店の際は事前にご連絡ください。

お気軽にお問い合わせ下さい

TEL

営業時間:10:00~19:00
定休日:日曜/月曜/祝日

無料メールお悩み相談はこちら