• メール相談
  • カウンセリング

四季と寄り添う〜漢方的生活n|不妊症の漢方治療なら世田谷 下高井戸駅すぐ側の桃仁堂にお任せください。

桃仁堂
  • 東京都世田谷区松原3-42-4
    (京王線 下高井戸駅北口より徒歩1分)
  • 営業時間:10:00~19:00
    定休日:日曜/月曜/祝日
  • 24時間WEB予約
  • tel

エンパワメントコラム

四季と寄り添う〜漢方的生活No.8長月

暑さ寒さも彼岸まで…。今年も厳しい暑さだったので、秋の訪れにホッと一息つきたいところです。

今年は農業暦(太陰太陽暦)でみると、9月に閏月(うるうづき)があります。
いつもより秋が長く感じられるはずなのですが、残暑もありますし、さて、どんな秋になることでしょう。

秋分を過ぎると、昼より夜が長くなり、陰陽のバランスが逆転します。人も自然の一部ですから、このような変わり目は体調を崩される方も多いのです。
また、漢方では自然の移り変わりを、春、夏、長夏、秋、冬の五季にそれぞれ肝、心、脾、肺、腎の五臓をあてはめて考える五行説という考えもあります。

秋の爽やかな空気は乾燥して、大気中の湿気も少ないため、湿に弱い「脾」には良い季節になります。

ところが、「肺」は乾燥に弱く、その影響が肺を代表とする呼吸器に出てきます。

呼吸器官の一部である鼻やのど、そして皮膚にも影響が及ぶこともあります。
さらに肺は大腸と表裏関係にあるため、大腸などにもトラブルが生じることがあります。

特に、夏に汗をたくさんかいて細胞が乾燥気味の方は要注意。咳が長引いたり、便秘などの症状に現れます。
秋を迎えるこの時期から、からだを潤す働きのある食材をしっかり食べて肺を労わりましょう。

からだを潤す食品の代表的なものは、梨、栗、ゴマ、もち米、うるち米、ハチミツなどです。旬の果物も是非!と言いたいのですが、果物の摂り過ぎは身体を冷やしますので、ほどほどでお願いします。

美味しいものがたくさん収穫される季節に食欲が増し、身体を潤す食材がたくさん楽しめるのです。自然の恵みって凄いと思いませんか?

 

株式会社プロアクティブの情報コラム2014年9月号への寄稿より

http://club.ima-coco.jp/column/kanposeikatsu08.html

 

漢方薬局 桃仁堂

〒156-0043 東京都世田谷区松原3-42-4
(京王線 下高井戸駅 北口より徒歩1分)

【営業時間】
火曜~土曜:10:00~19:00
【休日】
日曜・月曜・祝日
※都合により上記以外お休みを頂く場合がございます。ご来店の際は事前にご連絡ください。

お気軽にお問い合わせ下さい

TEL

営業時間:10:00~19:00
定休日:日曜/月曜/祝日

無料メールお悩み相談はこちら