• メール相談
  • カウンセリング

干し貝柱と大根のお粥|不妊症の漢方治療なら世田谷 下高井戸駅すぐ側の桃仁堂にお任せください。

             
桃仁堂
  • 東京都世田谷区松原3-42-4
    (京王線 下高井戸駅北口より徒歩1分)
  • 営業時間
    10:00~19:00
    定休日
    日曜/月曜/祝日
  • 24時間WEB予約
    • tel fecebook
      友だち追加
      妊活応援LINE

干し貝柱と大根のお粥

 

桃仁堂の高井です。お正月に食べ過ぎて、体重が心配。胃腸の調子がいまひとつ。

そんな方はいませんか?冬は代謝も落ちるので体に色々ため込んでしまいがちです。

そんな時におススメなのが「お粥」です。道元禅師は「赴粥飯法」(ふしゅくはんぽう)で、

お粥には十の徳があると言っています。

一部を紹介すると、肌の色つやが良くなり、気力が増し、寿命が延び、

頭の働きが良くなるのだとか。

お粥というと「病人食で美味しくない」というイメージがありますが、

コトコト時間をかけて炊いたお粥は、お米の甘さが引き立ちとても美味しいものです。

シンプルなお粥も良いですが今回は利奈先生オススメのホタテ貝柱と大根を使ったお粥を紹介します。

大根は胃腸の消化力を高めてくれ、体内の毒素や余分な水分を排出してくれるデトックス食材でもあります。

ホタテ貝柱は薬膳では陰を潤し(細胞に潤いを与える)、血圧を下げると言われています。

タウリンも豊富ですので疲労回復にも良いですね。

これを機に色々なお粥にチャレンジしてみようと思っています。

 

ワンポイントアドバイス

◎お出汁の取り方
市販のパックのお出汁の素を使う時は、沸騰したら取り出してください。

いつまでも煮ているとえぐみが出てしまい生臭くなります。

◎調理器具は土鍋がオススメです。

土鍋は熱の保温性が良く、火のあたりがやわらかいので美味しいお粥が出来上がりますよ。

ですが、直火が心配という方は、炊飯器のお粥モードや電子レンジも利用できます。

無理のない方法で日常に取り入れてみてはいかがでしょうか?

お休みの日の朝粥などから始めてみるのも良いですね。

養生薬膳アドバイザー高井 真寿美

干し貝柱と大根のお粥の材料(4人分)

お米       
1cup
ホタテの干し貝柱
3~4個
お出汁
(ホタテの戻し汁も含めます)※七分粥の場合 お米1に対して水7 7cup(1400ml)  五分粥の場合 お米1に対して水10 10cup(2000ml)
大根
100g(お好みで増減可)
適宜
ゴマ油
(お好みで)

干し貝柱と大根のお粥の料理の流れ

STEP 1

あらかじめ、干し貝柱を水200ccに入れもどしておきます。
※お急ぎの時はお湯で戻したりもできますが、冷蔵庫で一晩かけて戻した方が旨味が出ます。

STEP 2

お米は優しく洗い、ザルに上げ30分ほど置いておきます。

STEP 3

お出汁、ほぐした貝柱、大根、お米を鍋にいれます。

STEP 4

強火で沸騰させたら、中のお米を軽く一度、ほぐします。

STEP 5

弱火にして40分ほど炊きます。フタは吹きこぼれないように、少しずらしておきます。

STEP 6

40分過ぎたら火を止め、フタを閉め10分ほど蒸らします。

STEP 7

器に盛り、お好みで塩をふります。

STEP 8

あっさりしたのがお好みの方はそのままでも 十分美味しくいただけますが、お好みでゴマ油を少し加えると味にアクセントがつきます。

漢方薬局 桃仁堂

〒156-0043 東京都世田谷区松原3-42-4
(京王線 下高井戸駅 北口より徒歩1分)

【営業時間】
火曜~土曜:10:00~19:00
【休日】
日曜・月曜・祝日
※都合により上記以外お休みを頂く場合がございます。ご来店の際は事前にご連絡ください。

お気軽にお問い合わせ下さい

TEL

営業時間:10:00~19:00
定休日:日曜/月曜/祝日

無料メールお悩み相談はこちら